NEWS

最新情報

受付システムRECEPTIONIST「調整アポ」機能が特許を取得

2020/04/10

株式会社RECEPTIONIST(本社:東京都渋谷区、代表取締役:橋本真里子)は、提供しているクラウド受付システム「RECEPTIONIST(レセプショニスト)」が、「調整アポ」機能において特許を取得したことをお知らせいたします。
本発明は、カレンダーと連携し、空き会議室の予約を含めたスムーズな日程調整を可能とする機能です。

 

 

特許を取得した「調整アポ」の特徴は下記になります。

 

・連携スケジューラーから取得した予定をカレンダーUIに表示し、マウスでクリックするだけで日時候補を複数選択可能。

・日時候補を登録すると、連携しているスケジューラーに、仮予定として予定を自動で登録。

・日時候補ごとに、使う予定の会議室候補を複数登録可能。(このタイミングでは、会議室のスケジューラーに予定は作成しない。)

・日程調整用のURLを発行し、メールで自動送信。

・お客様が日程調整用のURLを開くと、日時候補が複数表示され、都合のいい日時を選択することが可能。(このとき、事前に会議室候補として登録していた会議室が全て埋まってしまっている日時候補は表示しない。)

・お客様が日時を確定すると、受付コードが発行される。
(同時に、連携しているスケジューラーにおいて、不要となった仮予定は自動で削除され、確定日時の予定だけ残る。さらに、事前に登録した会議室候補のうち、空いている会議室を自動で予約。)

 

◆本発明により期待されること
働き方改革の推進により、業務効率化ツールへの需要が高まっています。
また、昨今のリモートワーク推奨により、アポイントメントのオンライン商談化が増加し、より柔軟で効率的なスケジュール調整が求められています。

この度特許を取得したスケジュール調整機能によって、来客の日程調整から会議室予約や管理、そして来客受付までの業務をワンストップで効率化することができます。
また本機能においてはオンライン商談での日程調整にも活用が可能です。

ビジネスのコミュニケーションをRECEPTIONIST「調整アポ」で効率化することで、導入企業様の生産性の高い組織構築に貢献してまいります。

◆特許の概要

特許番号 第6671727号
特許の名称 受付システム、受付管理装置、受付管理方法および受付管理プログラム
出願日 平成30年 6月26日
登録日 令和 2年 3月6日

 

◆「調整アポ」とは

 

ビジネスのコミュニケーションをワンストップで効率化
「RECEPTIONIST(レセプショニスト)」は、来客の日程調整から会議室予約や管理、そして来客受付までの業務をワンストップで効率化するクラウド受付システムです。
内線電話を使わずに、ビジネスチャット、スマホアプリ、メール、SMSを使って直接担当者を呼び出すため、担当者への取次は不要。打ち合わせの前に必ず行う日程調整もWEB上で半自動化できるため、煩わしいメールのやりとりも必要ありません。
ビジネス上の非効率なコミュニケーションをなくすことで社員の生産性を上げ、組織を強くするシステムです。
受付システム・受付方法においては平成30年11月に特許(第6429965号)を取得しています。

<本件に関するお問い合わせ先>
広報担当者 :藤村
問い合わせ先:http://receptionist.co.jp/contact/