NEWS

最新情報

受付の無人化、新興が担う(日経新聞)

2020/10/08

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、スタートアップ各社がオフィスビルの受付の無人化に取り組んでいる。備え付けのタブレット端末やスマートフォンなどで訪問先に直接連絡する方法が目立つ。口に受話器を近づける電話などに比べ不特定多数との接触を減らせるほか、取り次ぎなどの手間も不要になる。脱ハンコに続き、感染予防のほか業務効率の改善にもつなげる。

レセプショニスト(東京・渋谷)の提供するサービスは、訪問者がタブレットに自分の名前や訪問先の社員名を入力すると、チャットで社員に通知が届く仕組みだ。内線電話で来客を社員に取り次ぐ一般的な無人受付システムと比べて、同僚の手を借りずに済む。

これまで顧客の多くが人手の少ないスタートアップだったが、働き方改革や新型コロナで、大企業の利用も増える。9月末時点の導入企業数は3300社と、1月に比べ約800社増えた。

 

続きは 日経新聞