NEWS

最新情報

アクリートの伊藤彰浩社長「SMS配信の需要高まる」(日経新聞)

2018/07/19

スマートフォン(スマホ)や携帯電話向けショートメッセージ(SMS)配信サービスのアクリートが7月26日、東証マザーズ市場に上場する。伊藤彰浩社長に事業内容や成長戦略を聞いた。

――SMSは以前からありますが、利用は増えているのですか。

「電子メールアドレスをもたず、知らない番号からの電話にも出ない消費者が増えていて、企業などは顧客への連絡や、なりすましを排除するための本人特定が難しくなっている。これに対してSMS機能はすべての携帯電話にインストールされており、確実に消費者と連絡を取れる手法だ。スマホ用アプリの利用登録や電気料金の支払い督促などに広がっている。需要は今後さらに高まると感じている」

「当社はSMSを実際に配信する通信会社のシステムに載せる作業を仲介している。国内で初めて法人による個人向け配信を手がけた。直近ではIT(情報技術)企業や金融、行政機関などを主な顧客としている。当社は、企業が配信するSMSの内容や目的を事前に確認・審査しているのが強み。迷惑メールのように利用者に不必要なSMSが大量配信されれば、市場の健全性が失われる」

―――今後の成長戦略を教えてください。

日経新聞記事へ