NEWS

最新情報

m2m Check-in×RemoteLOCKシステム連携スタート~今ならスマートロック導入で50万円キャッシュバック~

2018/12/04
民泊・ホテル事業者向け自動チェックインシステム「m2m Check-in」を展開するmatsuri technologies株式会社(東京都新宿区、代表取締役:吉田圭汰、以降matsuri technologies)はこの度、株式会社構造計画研究所(本社 : 東京都中野区、代表 : 服部正太、以下「構造計画研究所」)が提供するWi-Fi接続型スマートロック「RemoteLOCK」のシステム連携をスタートいたします。

自動チェックインシステムm2m Check-inは、事業者の宿泊者名簿作成・本人確認をサポートするシステムです。特長は、自動チェックイン業界では数少ない、本人確認作業を代理で行う24h対応のコールセンターがついている点でます。
※お問合せ先:matsuri technologies株式会社 03-6228-0440

■連携の背景

渋谷区等の住宅宿泊事業の鍵の受け渡しに関する条例にて、対面、または、スマートロックが推奨されています。また、m2m Check-inのご利用者様から、入室前の鍵の受け渡しの手間を減らしたいという声がありました。

■連携の目的

m2m Check-inとRemoteLOCKの連携により、渋谷区等の条例への適法対策だけでなく、宿泊者名簿作成・本人確認・鍵の受け渡しを効率化でき、名簿の取得率の向上が見込め、ゲスト側にとってはスムーズに宿泊でき、ホスト側にとってはより効率的な適法運用が可能となります。

■システム利用の流れとメリット

この度のシステム連携より、室外に設置したm2m Check-inを利用しチェックインを行うと、RemoteLOCKの暗証番号が自動発行され、ゲストはその暗証番号で鍵を受け取り、その番号を用いて入室できます。

■今なら半額で導入可能

m2m Check-inがIT導入補助金(https://www.it-hojo.jp/)のITツールに認定されています。
m2m Check-inと同時にRemoteLOCKを導入していただくと、導入していただいた事業者に半額の補助が国から支給されます。(申込期限:12/11)
※お問合せ先:matsuri technologies株式会社 03-6228-0440

【株式会社構造計画研究所】

URL: https://www.kke.co.jp

構造計画研究所は、社会と共に創りあげていきたい未来像(Thought)として、「Innovating for a Wise Future」を掲げております。「大学、研究機関と実業界をブリッジする Professional Design & Engineering Firm」を標榜する当社は、今後も工学知をベースにした有用な技術を活用し、社会の諸問題の解決に挑むことで、より賢慮に満ちた未来社会を創造してまいります。

■Wi-Fi接続型スマートロック「RemoteLOCK」
詳細URL:https://remotelock.kke.co.jp/home/

【matsuri technologies株式会社】

URL:https://www.matsuri.tech/

matsuri technologies株式会社は、住宅宿泊業界において国内登録数No.1の住宅宿泊運営管理システム「m2m Systems」を展開する不動産テックカンパニーです。新しい不動産管理・運用の世界を目指し、様々なサービスを展開しております。2018年6月に民泊新法が施行されることを受けて大手企業も続々参入を発表しており、市場が加速度的に拡大し健全化されていく中でも、これまでの事業ノウハウや知見を活かし、様々な形でより価値のあるサービスを展開していきます。

■matsuri technologies 提供サービス

【m2m premium】https://www.m2mpremium.com/

適法民泊&二毛作民泊運用代行サービス

【m2m Basic】http://m2mbasic.info/

総実績500万超を誇るAirbnbメッセージ代行サービス

【m2m Systems】https://www.m2msystems.info/

総登録施設数17,000施設を超える、国内登録数No.1の民泊管理ツール

【nimomin】http://www.nimomin.info/

「民泊+短期賃貸」の組み合わせで貸し出しを行う集客支援ツール

【m2m check-in】https://www.m2mcheckin.info/

民泊宿泊者向けオンライン自動チェックインシステム