NEWS

最新情報

クラウド受付システム「RECEPTIONIST」がSalesforceから資金調達、サービス連携へ

2019/02/21

クラウド型受付システム「RECEPTIONIST(レセプショニスト)」を提供するディライテッドは2月21日、セールスフォース・ドットコムの投資部門Salesforce Venturesを引受先とする第三者割当増資により、資金調達を実施したことを明らかにした。調達金額は非公開だが、1億円は超える規模とみられる。ディライテッドでは、Salesforceとの資本提携により、サービス連携も進めていく考えだ。

ディライテッドは何度か外部からの資金調達を行っており、今回の調達は2018年3月に発表された総額約1.2億円の調達に続くものとなる。

>続き 大手向けに進化したRECEPTIONIST、アポ調整機能も追加(TechCrunchへ)