NEWS

最新情報

【東工大Attic Lab × メンヘラテクノロジー】脱!病み期テクノロジーを考えるアイディアソンを開催(出資先イベント協力)

2019/07/25
東工大コワーキングスペース「Attic Lab」と株式会社メンヘラテクノロジーは、2019年8月10日に「脱!病み期テクノロジーを考える」をテーマとしたアイディアソンイベントを開催します。

起業やスタートアップを輩出することを目指す東工大コワーキングスペース「Attic Lab」(所在地:東京工業大学大岡山キャンパス、以下Attic Lab)と株式会社メンヘラテクノロジー(所在地:東京都千代田区、 代表取締役:高桑蘭佳、 以下メンヘラテクノロジー)は、2019年8月10日に「脱!病み期テクノロジーを考える」をテーマとしたアイディアソンイベントを開催します。2019年7月24日より、イベント参加の申し込みを開始しました。また、本イベントは東工大生以外の方も参加可能です。

◼️本イベントのコンセプト
本イベントでは、「脱!病み期テクノロジーを考える」をテーマに、病み期をテクノロジーで解決するサービスを考えます。「病み期」とは、失恋や友達との喧嘩、仕事や勉強がうまくいかないときなどに気分が落ち込んだり、不安や悩みを抱えたりしてしまっている期間のことです。

実現可能性が高いサービスアイディアについては、メンヘラテクノロジーが一緒にブラッシュアップおよびクラウドファンディング等での資金調達を行います。

◼️イベント詳細

日時︰2019年8月10日17:00~20:30(受付開始 16:30)
場所︰東京工業大学大岡山キャンパス Attic Lab
参加申し込み:https://connpass.com/event/140331/
取材・見学申し込み:https://forms.gle/4CpeXharRKmaSzp66
<タイムテーブル>
16:30〜 受付開始
17:00〜 開会・メンター紹介
17:10〜 インプットセミナー
17:30〜 アイスブレイク
17:40〜 課題の抽出
18:05〜 チームビルド・チームで検討
20:15〜 結果発表、振り返り
20:30  終了

◼️メンター陣プロフィール

金子 大介(株式会社みらい創造機構 取締役)
東京工業大学大学院修士課程修了後、経営コンサルティング会社に入社。戦略チームに所属し、モバイル通信キャリア、総合商社等のクライアントに対し、新興国進出支援、マーケティング戦略立案、国内外M&A等、幅広いテーマでのコンサルティングに従事。2014年にみらい創造機構を共同創業し、ベンチャーキャピタル事業を統括。
佐藤 亜希子(株式会社ネフロック CMO)
福島の酒蔵に生まれ、上智大学卒業後、株式会社三越伊勢丹へ入社。事業企画系担当時にサービスデザインを学び、他部署への出張ファシリテーターを多数務める。18年秋から株式会社ネフロックへ参画し、CMOへ。「テクノロジーで、世の中をもっと楽しくする」という企業ビジョンを軸に、ネフロックらしい面白価値を追求中。

西本 誠(ラグナロク株式会社 代表取締役)
キヤノンにて新製品企画やマーケティングの経験を経て、nanapi(現Supership)にてスマホアプリ開発者に転向。その後、開発チームリーダー、エンジニア採用責任者、組織改変などにも従事し、リリースしたスマホアプリは100本を超える。現在は、大企業からスタートアップまで幅広く技術顧問や開発アドバイザーを行う。

山田 晃平(株式会社テックピット 代表取締役)
2018年4月に新卒でガイアックスに入社。入社3ヶ月後に株式会社テックピットを創業。学生時代は、インド発のA/Bテストツールを国内展開する株式会社アッションでグロースエンジニアとして働く。インドのデリーにある開発元のWingify社にも出向し、国内外企業のグロースハックを支援。インド人のエンジニアと共に働く中で、日本とインドのプログラミング教育のレベル差を感じた経験から多様なプログラミングを学ぶ機会を提供したいと想いテックピットを創業。

吉田 民瞳(株式会社ツクルバ SWP事業部)
1991年金沢生まれ。2014年東京工業大学卒業、同大学院修士課程中退。2016年からチームラボ株式会社にて、カタリストとしてテクノロジーを用いたソリューションの企画提案、プロダクトのディレクション等、社内外のプロジェクトを担当。2018年より株式会社ツクルバに参画、シェアードワークプレイス “co-ba” の拠点立ち上げ、新規事業開発に従事。

高桑 蘭佳(株式会社メンヘラテクノロジー  代表取締役)
東京工業大学修士課程在学中。 2018年8月に株式会社メンヘラテクノロジーを設立。 代表取締役に就任。 起業の動機は、 事業を成功させて実績を作り、 彼氏の会社の社外取締役に就任したいから。

その他、東工大教員など

プレスリリース詳細は PRTimes