PUBLICITY

広報記事

「スタートアップトレンド2020」著名投資家50人が大胆予測!(寄稿:ダイヤモンドオンライン)

StartPoint エンジェル投資家 小原聖誉

■2019年の振り返り

スマホが成熟し、コンテンツ市場がまず一巡。コスト勝負では海外勢が強い(「Netflix」や「荒野行動」)。今年の潮流は、プラットフォームに寄り付いたユーザをフックにしたもの。例は以下のとおり。

・インスタ×決済=韓国アパレルD2C「17kg」、世界観アパレルD2C「BLACK BUNNYS

・Slack/LINE×重い産業の効率化=iPad受付システム「RECEPTIONIST」、飲食店受発注ツール「CONNECT

 

■2020年のトレンド予測

マクロ環境から確定しているのは民泊領域。オリンピックイヤーでかつてないほどになる。インバウンドユーザはAirbnbも活用し訪日することから、提携プロダクトは果実を得るだろう(予約管理システムの「m2m Systems」など)

エンジェルの立場として興味があるのはニッチナンバーワンを望める市場。その視点で美容医療領域、サプリD2C領域、業務効率化領域の3つに注目している。

・美容医療=「Meily」「トリビュー」「カンナムドール

実は日本は世界第3位の整形大国。プチ整形することはファッションになりつつある。ただ、日本は質の割に価格が高いのがネック。一方、韓国は質の割に価格が安い。言語格差があるものの、17kgが売れていることから韓国への共感が強くなっている。ここは来年爆発するだろう。

・サプリD2C=「FUJIMI

マーケコスト偏重の大手メーカーのサプリ原料が、あまり良くないと知られはじめた。本質的にD2Cが強い。サブスクとの相性も抜群。

・業務効率化=RPA。特にSMB向け/リモートワーク「どこでもデスクトップ

RPAは大手企業に浸透したが、SMBはまだ。潜在市場規模が大きい割にプレイヤーは顕在化していない。チャンスだ。リモートワークは働き方改革の流れがあるが、様々な理由でコストが高い。業務効率化領域は不可逆であり伸び代が大きい。

 

詳細は ダイヤモンドオンライン