PUBLICITY

広報記事

『凡人起業』に学ぶ小原流起業スタイルと働き方改革(日本人材マネジメント協会 / インタビュー)

組織と個人の関係が変化し、キャリア自立・自律が求められています。誰もが羨む大企業に勤務するビジネスパーソンであっても、組織に閉塞感を感じ、将来のキャリアに対する危機意識が高まっています。働き方も多様化し、兼業・副業やフリーランス、起業は言うまでもなく、ギグワーカーという新しいワークスタイルも登場しています。一方で、スキルや専門性を高め、市場価値を獲得する具体的なプロセスを模索するビジネスパーソンも増えています。ポートフォリオワーカーという表現に代表されるように、人生100年時代を迎え、複数の仕事や活動を同時並行で行う生き方がスタンダードになります。
特集6では、『凡人起業-35歳で会社創業、3年後にイグジットしたぼくの方法-』を上梓された小原聖誉さんに新しい起業スタイルと誰もが実践できる働き方改革について語って頂きます。

聞き手・文:岡田 英之(Insights編集長)

ゲスト:株式会社Start Point 代表取締役 小原 聖誉 氏
起業家・エンジェル投資家、株式会社StartPoint代表取締役。1977年生まれ。98年、大学在学中に起業家のインターンに参加したことでベンチャー企業の経営を間近で見る機会にめぐまれ、「やがては自分も起業しよう」と考えるきっかけとなった。2013年、株式会社AppBroadCast創業。起業を意識してから15年が経っていた。ABC社ではスマホゲームのマーケティング支援事業を独自のフレームワークに基づいて展開。徹底して凡人であることを前提に経営したことで、立ち上げたメディアは2年で400万ダウンロードを超えた。創業して3年目の2016年、大手通信会社グループに同社をバイアウト。現在は自らの創業経験をもとにIT起業の支援・投資活動を行っている。

 

岡田 英之(編集部会):本日は株式会社StartPointの代表取締役社長で『凡人起業』の著者である、小原聖誉さんにお越しいただきました。それでは小原さん、簡単に自己紹介をお願いいたします。

続きは 日本人材マネジメント協会  へ