PUBLICITY

広報記事

エンジェル・カンファレンス2020(登壇告知)

お申し込みは https://www.facebook.com/events/746697735805022/ にて

イノベーション・スタートアップ創出力の強化は日本の成長戦略の大きな柱の一つとなっています。ところが、起業当初のスタートアップにリスクマネーを供給する役割を担う国内のエンジェル投資家の絶対数およびその投資額は、それぞれアメリカのおおよそ60分の1と100 分の1と推計され、総じて脆弱と言わざるをえません。

その活動が水面下で行われ内情が公開されず、やり方や考え方が知識として蓄積されてこなかったことも、エンジェル投資がなかなか拡がらない一因になっていると考えられます。

そこでエンジェル・カンファレンスでは、経験豊富なエンジェル投資家のベスト・プラクティスを共有し、これからエンジェル投資家を目指す方々の投資手法やリスクに関する理解度を深めていくことで、国内のスタートアップ支援環境の質と量の充実を目指していきたいと考えています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日時  2020年1月24日(金)19:00-22:00
場所  新丸の内ビル 東京21cクラブ イベントスペース
参加者 エンジェル投資家
参加費 10000円
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
18:45 【開場】
19:00 【開会の挨拶】エンジェル投資が支えるイノベーション
– 砂川大
19:05 【Session1】スタートアップとエンジェル投資家とVCの関係
– 小原聖誉氏、湯浅エムレ秀和氏、吉田圭汰氏
19:50 【Session2】著名エンジェル投資家のベスト・プラクティス
– 有安伸宏氏、三木寛文氏、大冨智弘氏
20:35 【Session3】アメリカと日本:エンジェル投資の違い
– Justin Waldron氏(Zynga共同創設者) 、Michael Carter氏、Patrick McKenzie氏、浅田慎二氏
21:20  懇親会
22:00 【閉会の挨拶】
– 砂川大

【Session 1】スタートアップとエンジェル投資家とVCの関係
VCのようにファンドを作って外部資金を運用するプロフェッショナル・ファームと違い、個人の資金を投資にあてるエンジェル投資家は自由度が高く、それゆえに「正解」がありません。とはいえ満足な投資リターンがなければ、その継続は難しいため、このセッションでは、有名投資家の投資リターンに対する姿勢、それを実現させるための戦略、そして具体的に実行していることについてお話しいただきます。

【Session 2】著名エンジェル投資家のベスト・プラクティス
エンジェル投資家は、プロダクトもろくにできていないシード期のスタートアップを中心に投資をします。したがって、ある程度ビジネスが見えてきた時期に投資をするVCとは、基本的にスタートアップとの関わり方やサポートの方法が異なります。このセッションでは、東洋経済で「すごい投資家」第1位に選ばれた小原さんが、実際にmatsuri technologiesさんとどのように関わったのか、同社社長の吉田さんはどう思っていたのか、バトンを受け取ったGCPの湯浅さんはエンジェル投資家をどのように見ているのかなど、実例を踏まえてお話しいただきます。

【Session 3】アメリカと日本:エンジェル投資の違い
スタートアップ先進国アメリカでは、実に32万人がなんらかの形でエンジェル投資を行なっているといわれています。このセッションでは、どうしてそれほどエンジェル投資が一般的なのか、どのような活動が行われているのか、そのベスト・プラクティスとはなにか、日本でも適用できる学びはあるかを中心にお話しいただければと思います。また、そんなに魅力的なアメリカでの投資機会に恵まれながら、パネルのみなさんが日本でも投資をする理由もあわせて探りたいと思います。

【参加はこちら】
https://angelconference2020.peatix.com/

【登壇者紹介】
Justin Waldron氏
Zynga / co-founder, svp product

浅田慎二氏
セールスフォースベンチャーズ 日本代表
ビズリーチ、freee、Sansan、PhoneAppli、TeamSpirit 、トレタ、ヤプリ、Goodpatch、マネーツリー、TeachmeBiz、AndPad等B2Bクラウドベンチャーへ投資。

有安伸宏氏
コーチ・ユナイテッドを創業、全株式をクックパッドへ売却。
2015年にTokyo Founders Fundを共同設立、米国シリコンバレーのスタートアップへの出資等、エンジェル投資も行う。投資先はマネーフォワード(東証マザーズに上場)、AnyPay、ママリ(KDDIが買収)等、約50社。

三木寛文氏
インターネット黎明期から複数ITベンチャーで数多くの事業開発経験を持つ。グリーでは初期メンバーとして 事業開発を担当。エンジェル投資家として、日本やシリコンバレー、東南アジアのベンチャーやVCに出資をしながら数十社程度の社外取締役、アドバイザーを務める。

小原聖誉氏
AppBroadCastを創業、KDDIグループの新規事業構想実現のために株式会社medibaへ株式譲渡。
現在はシード期を中心に21社に投資・事業支援を行い、うち1社が上場。

湯浅エムレ秀和氏
グロービスキャピタルパートナーズ ディレクター
主にフィンテック(金融 x IT)、人工知能、ブロックチェーン、ドローン、インターネットメディアの投資案件を担当。

吉田圭汰氏
matsuri technologies 株式会社代表取締役/日本インバウンドビジネス協会理事

大冨 智弘氏
インブルーを創業、株式会社ネクソンにM&A。
投資先は、日米インド中心に70社。

Michael Carter氏
Game Closure CEO兼共同創業者

Patrick McKenzie氏
Starfighter 共同創業者

砂川大
スマートラウンド代表取締役社長