PUBLICITY

広報記事

スタートアップを後方支援 産みの苦しみ、すべて伝える(日経新聞WEB)

働き方革命の影響か。筆者は肌感として、最近スタートアップ企業が非常に増えている気がする。しかし5年後、10年後に生き残っている確率は本当に僅か。そんな厳しい世界の起業家のためのプラットフォーム「StartPass」が登場した。

「2013年に初めて起業したが、大変であることがデフォルト。なぜならスタートアップにはヒト・モノ・カネ・情報・時間の全ての経営リソースが無いからだ」。プラットフォームを運営するスタートポイント(東京・渋谷)の小原聖誉社長は、自身の起業経験の難しさを語る。

現在、このスタートパスには、マネーフォワードなど90社が参画。ベンチャーキャピタルも多数参加し、資金調達の支援や相談にも乗る仕組みもある。決算報告書の書き方セミナーから、AWSサービスや、シェアオフィス、法人クレジットカード、会計クラウドなどなんでもそろう。

メインはパソコンの動画会議のウェビナーやLINEのコミュニティーだ。これにより資金調達のためのメソッドや成功、失敗事例などの起業全般の情報収集ができたり、参加した方がいいイベントを紹介されたりする。さらには有名起業家や有名投資家とつながり、業務提携まで発展した例もあるそうだ。

「事業を企画したのは昨年末だが、13年の起業家時代からスタートアップ経営に課題を感じていた。さらに16年からエンジェル投資を行ったことで多くのスタートアップと知り合い、当時の自分と近しい状況を知りプロダクトとして支えたいと思った」と小原社長。月額費用は1万円で、既に170社以上のスタートアップが使っているという。

続きは 日本経済新聞WEB