PUBLICITY

広報記事

「8月のビジネス書」ベスト9に選出いただきました(本の要約サイト「flier」掲載)

毎月、新たに発売されるビジネス書は約500冊。いったいどの本を読めばいいのか。読書家が集まる本の要約サイト「flier(フライヤー)」で、8月にアクセス数の多かったベスト20冊を紹介しよう——。

 

第1位:『片づけ脳』(加藤俊徳著、自由国民社)
第2位:『学び効率が最大化する インプット大全』(樺沢紫苑、サンクチュアリ出版)
第3位:『一瞬で人生を変えるお金の秘密 happy money』(Ken Honda著、本田健訳、フォレスト出版)
第4位:『問い続ける力』(石川善樹著、筑摩書房)
第5位:『Think clearly』(ロルフ・ドベリ著、安原実津訳、サンマーク出版)
第6位:『共感SNS』(ゆうこす著、幻冬舎)
第7位:『アマゾンの倉庫で絶望し、ウーバーの車で発狂した』(ジェームズ・ブラッドワース著、濱野大道訳、光文社)
第8位:『医師に「運動しなさい」と言われたら最初に読む本』(中野ジェームズ修一著、田畑尚吾監修、日経BP)
第9位:『凡人起業』(小原聖誉著、CCCメディアハウス)
第10位:『ランキングのカラクリ』(谷岡一郎著、自由国民社)
第11位:『データ・ドリブン・エコノミー』(森川博之著、ダイヤモンド社)
第12位:『プリンセス・マーケティング』(谷本理恵子著、エムディエヌコーポレーション)
第13位:『社長の条件』(中西宏明/冨山和彦著、文藝春秋)
第14位:『学びを結果に変える アウトプット大全』(樺沢紫苑著、サンクチュアリ出版)
第15位:『「おもろい」働き方で社員も会社も急上昇する Peachのやりくり』(井上慎一著、東洋経済新報社)
第16位:『FACTFULNESS』(ハンス・ロスリング/オーラ・ロスリング/アンナ・ロスリング・ロンランド著、上杉周作/関美和訳、日経BP)
第17位:『思い邪なし』(北康利著、毎日新聞出版)
第18位:『長友佑都のファットアダプト食事法』(長友佑都著、幻冬舎)
第19位:『メモの魔力』(前田裕二著、幻冬舎)
第20位:『仕事に効くオープンダイアローグ』(鈴木隆著、KADOKAWA)

※本の要約サイト「flier」の有料会員を対象にした、2019年8月の閲覧数ランキング

続きは PRESIDENT Online にて